ペインクリニックとは

「ペイン」は痛み、「クリニック」は診療所という意味のとおり、ペインクリニック科は痛みの治療を専門とする診療科で、頭痛・首・肩・腰痛・足の痛みなど全身のあらゆる部位の痛みの治療をいたします。

これらの痛みの治療に神経ブロック療法を行うことがペインクリニックの特徴です。痛みがなくても、顔面神経麻痺、メニエール病、自律神経失調症など、神経ブロック療法が有効な疾患も治療対象となります。

硬膜外ブロック療法、星状神経節ブロック療法、その他各種神経ブロックを経験豊かな専門医が行います。

神経ブロック療法とは

痛みには、知覚神経や交感神経が複雑に関係しています。痛みの原因となっている神経の伝達を局所麻酔薬を使用して一時的に断ち切ることを神経ブロック療法といいます。

この神経ブロック療法は、一時的な痛み止めではなく、根本的な治療につながるもので、患者さんのQOL(Quality of Life=生活の質)を大きく改善させることができます。当院の特徴として、星状神経節ブロック療法を積極的に行っていることがあげられます。

日本のペインクリニック界の草分けであり、星状神経節ブロック療法の理論と実践に長年尽力されている武蔵野病院の若杉文吉名誉院長(慈恵医大名誉教授)の指導を受けたベテラン専門医が行います。

入院治療が必要な場合は、NTT東日本関東病院ペインクリニック科や東大病院麻酔科・痛みセンター、武蔵野病院ペインクリニック科など適切な診療機関を紹介いたします。

神経ブロック療法が有効な疾患

痛みのある疾患ばかりでなく、顔面神経麻痺・メニエール病などのように局所の浮腫や循環障害が原因となっている病気、花粉症・喘息などのアレルギー疾患、更年期障害・自律神経失調症のように一般的に決定的な治療法のない疾患、西洋医学的な原因がみつからず、「歳のせい」といわれている疾患なども、ペインクリニックで治療することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.