Category Archives: 日々のできごと

肩こり

1ヶ月ほど前から、忙しさとストレスで肩こりがひどい状態が続いていました。

頭がぐ~っと重くなって、あぁ、つらいなぁという感じです。

忙しいということは、仕事の時間が長くなり、平行してパソコンに向かっている時間も長くなり、運動する時間がとれなくなるので肩こりはひどくなる一方です。

まず、手軽に、葛根湯を服用しました。ちょっとらくかなという感じです。

湿布をはったり、置き鍼を貼ったり、自分でできることを続けていました。これもちょっといいかなという感じです。

うちのドクターにトリガーポイント注射をしてもらいました。これはよく効きます。数時間はらくになりました。

忙しさや、ストレスという原因がなくなれば、このくらいの治療でじゅうぶんかもしれません。

でも、日々の仕事やストレスが続いているときは、肩こりはだんだんひどくなり、セルフ治療ではなかなかとれなくなってしまいます。

こういうときは、星状神経節ブロックに限ります。

早めに午前診療が終了した日に、さくらい先生に左の星状神経節ブロックをしてもらいました。注射して5分くらいすると、左の目の奥や、鼻の奥が、ドックンドックンと脈打つような感じがしてきました。まさに血流が増えているという感じです。

30分でおきあがってみると、肩はすっかりらくになっていました。さすがによく効きます。

来週も時間をみつけて、今度は右の星状神経節ブロックをしてもらおうと思っています。

インタビュー

東京保険医協会で発行されている「診療研究」の巻頭に掲載される 『ルポ・第一線医療』という記事のために、インタビューを受けました。

保険医協会の事務局の方2名と、精神科医でもあられる片倉編集部長が西荻ペインにきてくださって、1時間ほどお話をしました。

テープで録音しながら、片倉先生が熱心にメモをとられていましたが、非常に楽しい時間で、1時間はあっという間に過ぎてしまいました。

もちろん片倉先生とは初対面ですが、ひさしぶりに会った旧友と話しているような感じで話がはずみ、インタビューが終わったときは、あぁこれがプロの精神科医なんだなぁと思いました。

人の心を開かせるのが上手というか、患者さんもこんな精神科医の先生になら信頼して、安心して、自分の気持ちを語れるのだろうと思いました。

 

 

 

あけましておめでとうございます。

暖かくておだやかなお正月でしたね。

4日から診療を開始して、1週間がすぎ、クリニックの混雑もだいぶおちついてきました。

普段は、受付のスタッフが予約を上手にふりわけて取ってくれるので、比較的待ち時間は少ないほうだと思いますが、さすがに休み明けは、待ち時間が長くなってしまいます。

「お待たせしてすみません」と一人ひとりに謝りながらやっていると、「いいんですよ~。すいているペインクリニックにかかるのは不安ですから」と笑いながらおっしゃってくださった患者さんがいました。

患者さんの数は多いですが、待ち時間をできるだけ少なくして、ストレスなく治療に通ってもらえるように、スタッフ一同いろいろな工夫をしています。

 

 

ぎっくり腰にびっくり

ぎっくり腰を経験しました。初めてです。今まで一度も腰痛を感じたことはありません。

一日中片付け物をした日のこと。腰が重いなぁと思いながら湿布でも貼ればすぐなおるかなと思っていました。その翌日、物を持ち上げようとちょっと腕を伸ばしたとたんに、腰にギクッと痛みが走りました。

前かがみができない。腰をひねることができない・・・

まっすぐ立っているのは問題ないのですが、車を運転するときのハンドル操作も、引き戸をしめる操作も、腰にひびきます。上半身を使うだけの普通の動作でも腰の筋肉を使っていることがわかりました。

始業前に、櫻井先生に超音波を使って腰のファセットブロックをしてもらいました。すぐに痛みは半分くらいになって、通常の勤務はできましたが、その日の夜はまだ寝返りが打てませんでした。

3日連続で神経ブロックをしてもらって、4日目には、ゴルフができるまでに完璧に回復しました。

腰痛の患者さんの治療をたくさんしていて、喜ばれているので、ペインクリニックの治療が有効だということはわかっていましたが、こんなに効くとは思っていませんでした。

痛みがなくなることが、こんなに嬉しいものかと思いました。

腰は文字通り、体の『要』、頭痛や腕の痛みもたいへんだけど、動くことができない腰痛は大変です。腰痛の患者さんの大変さ、治療でよくなることの嬉しさを実感した4日間でした。

 

 

最近のリウマチの治療

杉並区にある河北総合病院のリウマチ・関節・膠原病センターが主催している研究会に行ってきました。

いくら痛みの治療を専門にしているとはいっても、原因がリウマチでは、ペインクリニックで治療することはできません。

西荻ペインでリウマチの疑いの患者さんを、このリウマチセンターに紹介をして、みてもらったときに、どの患者さんもかなりよくなっていきました。

リウマチというと、わたしが学生や医者になりたてのころは、消炎鎮痛薬やステロイドをたくさん使い、あまりよくならず、副作用もあり、治療は難しい病気でした。

生物製剤が使われていることは耳にしていましたが、どんな治療法が今行われているのか興味深々で、研究会に参加してきました。

新しい治療薬がいろいろ開発されてきて、10年前には、寛解+症状が軽度の患者さんは、20%くらいだったのが、近年では約半数以上の患者さんが、寛解+症状が軽度の状態にまで治療ができるというお話でした。

早く病気をみつけ、治療を早く開始することで、関節の破壊、変形がすすまず、日常生活が普通に送れるようになるんですね。

わたしがリウマチの治療をすることはありませんが、他の領域でどんな治療がされているかを知っているのは大切なことだと思っています。内容の充実した研究会でした。行ってよかった。